会社概要

コラボレーターリスト

プロジェクト開発関連

超え 対中環境ビジネスコンサルティング(http://cncdm.cn/)
PEARの中国プロジェクト開発にあたってのメインパートナー。
さまざまな事業を恊働で進めている。
ジャパン・イニシアティブ
ハンガリー、ブダペストにあるJIコンサルタント。
欧州の正確やプロジェクト事情に詳しい。
山西省大気CDM技術中心(http://www.sxcdm.cn/)
中国科学技術部系CDMセンターの中でも屈指の実力を有する。
山西省のCDMポテンシャルはかなり大きい。
広西神州環保産業(http://www.shenzhouen.com/)
中国の広西チワン自治区にある非常に能力の高い環境技術関連の会社。
バイオガスダイジェスターでPEARと恊働。
コンザベーション・インターナショナル(http://www.conservation.or.jp/)
世界的な生態系保全系NGO。
日本でもCDM植林の方法論の承認を受けるなどの実力を持つ。
バードライフ・アジア(http://www.birdlife-asia.org/)
生態系関連NGOであるが、最近は気候変動の領域にも進出。
アカデミックな実力を持ち世界展開をしている。
クライメート・エキスパーツ(http://www.climate-experts.info/)
PEAR代表の松尾のコンサルタント会社。
すでに50以上のプロジェクトに関わる。PEARのCDM化部分で技術的協力。
DNV (http://www.dnv.com/climatechange/)
世界のおよそ半分のCDM審査を手がけている審査機関。
VERの審査方法など、より信頼性の高い審査のためPEARと専門的議論を重ねていく。
中国重慶市農業局
重慶市の貧困農村でのバイオガスダイジェスタープロジェクト実施のカウンターパート。

技術移転関連

前川製作所(http://www.mayekawa.co.jp/)
冷凍機をはじめとし、熱エネルギー管理で高い技術を誇る。
ビール工場を始めとし、持てる技術をCDMで展開しようとしている。
サンケァフューエルス(http://www.suncarefuels.com/)
ひまわりを原料としたバイオディーゼルの技術を有する。
CDMを海外展開のチャンネルのひとつとして活用しようとしている。
カワシマ(http://www.kawashima.jp/)
BX-1というプロバイオティクス技術をもって、コンポストその他の面でCDMとしての海外展開を図っている。
亀井製陶(http://www.eco-angels.com/)
発展途上国で多く利用されているものの劣悪な環境で製造されている煉瓦に、自社の無焼成煉瓦の技術をCDMとして活かそうとしている。

国内の活動関連

エイワット(http://www.eiwat.co.jp/)
再生可能エネルギー事業に多くの実績と経験を持つ大阪の企業。
国内だけでなく、海外での事業に関してもPEARと恊働。
green.tv japan (http://www.japangreen.tv/)
環境映像専門のメディア。
環境へのおもいを映像などを通じてメッセージとして伝える。12月から本格スタート。
クレアン(http://www.cre-en.jp/)
企業のCSRコンサルタント。
サステナブルな社会の実現のため、多くの企業のCSR報告書を企業の方と恊働で作成している。