カーボンオフセット

地球温暖化問題への取り組みがますます社会的重要性を増しています。一人ひとりが日常生活を営む過程で排出されるCO2の量が注目を集め、削減する必要性も高まっています。 「次の世代へ健康な地球環境を引き継いでいきたい」という思いをお持ちの方々に、自ら排出しているCO2の量をもっとしっかりと減らしていきたいというニーズに、「カーボンオフセット」サービスを提供しています。

PEAR Carbon Offset Initiativeの提供する「カーボンオフセット」は、個人レベルでも参加でき、地球温暖化問題の解決に向けて、具体的で目に見える実効性を持つ仕組みでありたいと思っています。

「地球大気に対する負荷を相殺する」ということが、カーボンオフセットの定義であると考えます。個人や企業が、地球温暖化問題への「責任感」の下に、自らのcarbon footprint (CO2排出量)を相殺します。

オフセット(相殺)図

排出削減プロジェクト

GHG排出削減クレジットは、 Clean Development Mechanism(クリーン開発メカニズム)の厳しい審査を経て合格したもので、CO2排出量の削減において量的な信頼性はきわめて高いものであると共に、開発途上国での貧困緩和に貢献できるものとして質的にも魅力があるプロジェクトです。

失効経歴

GHG排出削減クレジットは、日本の目標達成のために政府に寄付するのではなく、それ以上誰にも使えないように失効させます(地球上から消滅させる)。

個人向けカーボンオフセットサービス

「カーボンオフセット」は、個人レベルで参加でき、地球温暖化問題の解決に向けて、具体的で目に見える実効性を持つ仕組みでありたいと思っています。それを実現するために、「個々人のカーボンマネージメント」という考え方を創造しました。

法人向けカーボンオフセットサービス

事業活動や商品販売、イベント、その他様々な活動から発生するCO2をオフセットするためのスキームを立案・ご提案します。